愛夢かんざきの想い

健康に不安がある方でも安心してご入所でいただけます

健康に不安がある方でも安心してご入所でいただけます

2012年4月9日、佐賀県神埼市にオープンした「愛夢(あいむ)かんざき」は、医療法人社団啓祐会が運営する住宅型有料老人ホーム。同グループの神埼病院との連携がスムーズなため、ご高齢で健康に不安がある方でも安心してご入所いただけるのが最大の特色です。こちらでは、そんな「愛夢(あいむ)かんざき」が、ご入所される方、ご家族の方への想いをご紹介しています。

行動基準

ご入所されるすべての方に笑顔とご満足をお届けしたい。だからこそ私たちはつねに真心のこもった対応を心がけます。

「心に寄り添う介護」とは

私たちの使命は、ご入所者様がつねに笑顔で過ごせる環境を整えること。健康上の不安、生活上の不安を少しでも取り除いて、毎日の暮らしをよりはつらつとしたものにするお手伝いだと考えます。そのために介護にあたる職員すべてが共感の心を大事にして、ご入所者様の気持ちにいつでも寄り添えるよう努力しています。

主体性

ご入所様の笑顔、心からのご満足が介護に携わる者にとってかけがえのない財産。だからこそ、私たちはより安心して、快適に暮らしていただくための取り組み、改善を主体的、かつ継続的に行います。

清潔な空間づくり

清潔な空間づくり

心身を健全に保つ基本は、清潔な居住空間づくりから。こうした考えから、私たちは、当施設内のキープクリーン活動を下記のように徹底しています。

  • 見つけたごみはその場で拾います
  • 水まわりの汚れやほこりは毎日きれいにします
  • 洗面台や鏡に付着した汚れ、水滴は落とします
  • 所内のごみ箱は毎日2回回収します
  • エントランスやエレベーター内は掃除を欠かしません
身だしなみ

介護施設のキープクリーンはまず職員の服装から。毎朝、スタッフ同士が指差し確認して、服装の着用が正しいか、汚れなどはないか細かくチェックします。

1人対全員活動

私たち介護にあたる職員は、毎日、すべてのご入所様にお会いし、お声がけをして体調や心の状態が良好かどうか気を配ります。

いきいき、わくわくの創造

いきいき、わくわくの創造

介護施設の究極的な目標は、すべてのご入所様が毎日をいきいきと暮らせるようサポートすること。それには所内でのレクリエーションだけでなく、時には街へお連れしてお買い物や娯楽を楽しんでいただける機会を積極的に増やして差し上げることも大切。“わくわくした日常”をお届けすることもまた私たちの務めです。

健康管理について

ご入所者様はご高齢の方ばかりです。なかには持病をお持ちの方や、過去のけがなどでお身体が一部不自由な方もいらっしゃいます。そうした皆様が安心して生活できるよう、適切な配慮やケアに務めるのが私たちスタッフの仕事。下記では「愛夢(あいむ)かんざき」の健康管理活動についてご説明しています。

看護師による毎日の健康管理

ご入所様の体調に変化や変調が生じた場合にもすぐ対応できるよう、毎日欠かさず専属の看護師による血圧・脈拍測定、検温、問診を実施。また、入浴前には改めて血圧や脈拍を再測定するなど徹底しています。仮にお身体に不調が認められる場合は、神埼病院の担当医による診断・治療を速やかに行います。

神埼病院医師による往診

持病をお持ちの方、おけがによる歩行困難、生活困難がある方については、当施設と連携している神埼病院の担当医による往診が定期的に行われます。こうした医療とのスムーズな協働がご入所者様の健康維持に役立てられています。